肉欲団ブログ終了しました。ご愛読ありがとうございました。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


糞物件も黄金物件に見えちゃう方法 風呂上りにはブリーフを
2014年06月22日 (日) | 編集 |
「帰ってきた肉欲団@大家」ブログは個性豊かな団員が不動産の事を思いつくままに書いています
不動産投資に対する考え方、戦略は団員ひとりひとり異なりますが目指すものは皆同じ

「不動産投資をとおして幸せになること」

不動産投資を煽るつもりはないけれどさまざまな考え方が詰まったブログって面白いと思う今日この頃

あなたのお気に入り団員は誰ですか



↓ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



おひさしブリーフ♪

お題!な、なんと!健○家で掘り出し物件に出会いました!

ここから買付までの行動は? 



ネットには糞物件しかない、いやお宝はあるなど両方の話を聞きますが、どちらが正しいのでしょうか。
そう、どちらも正しいのです。

だって、世の中にはいろんな趣味の人がいるでしょ。
汚いはずの糞も、大好きな人には黄金となります。
(カレーを食べながら読んでいる方がいたらすみません。心からお詫びいたします。)


大多数の方がお宝と呼べる物件は確かにないかもしれません。
でも、たまーにですが、まあまあな物件は出てきます。
値付けを間違えるとか、なんかの理由で出てくるようですが、瞬殺ですね。

それでは、ス○トロマニアみたいに、糞を黄金に替える方法を検討してみよう。

まずは超築古物件。
古ければ融資が付きづらいので、ライバルも減ります。
リフォーム能力などが高ければ、こんな物件を安く取得して、再生するのはどうでしょうか。

つづいて高空室率の物件。
素人さんには、全空は手を出しづらい。
融資も。
こんな物件を満室にできるノウハウがあるのであれば、黄金にへんしーーーーん。

そして、立地の悪い物件。
これはどうしようもありません。
ただ、土地勘があり、勝算があるのであれば、これまたいけるかも。
地元ならではの強みですね。

ちょっとお題にまだ答えておりませんが、お風呂に入ってくるので(あっ、そのお風呂じゃないよ)、あがってきたら追記します。


お風呂から上がって、一杯飲んで飯も食べたので、お題にお答えしたいと思います。

お宝物件を見つけたら、グーグルさんで 物件確認を行います。
住所が出ていない場合でも、物件名が分かればだいたいヒットします。
それでもダメな場合は、まわりの風景や隣接物件の様子から探します。
地番が分かる場合は、ブルーマップも大活躍。

次に、自分の基準でOKならば、友達の不動産屋さんにレインズを見てもらい、元付に資料請求してもらいます。
元付が両手狙いで、
「もう、売れちゃいました。」
なんて言われた場合は、こちらから直接資料請求をします。

資料が届いたら、シミュレーションソフトを使って、いろいろと計算。
そして、再度グーグルさんで確認し、現地調査へ。
鍵の手配が間に合わなくて内覧ができない場合でも、外観だけはチェックします。
これで、よければ融資特約付きで、買い付けを入れます。
もちろん現金勝負でも構いませんが、あとで何か出てきたときに困るので、つけときます。

買い付けを入れると同時に、銀行さんへ融資依頼をします。
融資の結果が出るまで、内覧できるときはしておきます。

ただ、このスピードでは、買えていません。
いいと思ったら、すぐに買い付けを融資特約なしで入れないとだめですね。
2番手以降の場合は、現金でしかも買い上がるなどの手段をとらないとむずかしそうです。




あーあ、○○○したいな。
(お好きな言葉を入れてください。)

つい、入れてしまった人は、下をぽちること。

↓ポチしてくれるとコカンガオオカミニナルブー!

人気ブログランキングへ

タイトルは特に意味はないということにしておきます。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。